「簡単そう」「難しそう」それは、ただの「感想」です

マインドセット

ピアノ講師のyukaです。

 

おうちでピアノ教室。

ピアノがあればすぐにできちゃう!

場所代もかからない。

通勤時間も0分!

家で仕事ができてラクそう!

 

・・・・学生の頃、私はこんなことを思っていた気がします・・・。

全国のピアノの先生、ごめんなさい。

自分がピアノ講師になった今だからこそ言えますが、、、、

「簡単じゃないよ」

「結構大変だよ」

やったことないのに何で「簡単」ってわかるの?

ピアノ教室やったことないのに、
なんで「簡単」って分かるの?
それはあなたの「感想」でしょ?

若かりし頃の私に、そう言いたいです・・・・。

今思えば、音楽教室に勤めてたときも、お給料が安いだの、上司がうるさいだの、人数が多すぎて大変だの、文句も多かったです。

社長はラクでいいなぁ~なんて思ってました。大事なときだけ出てくればいいんだから、と。

かなりひねくれた考え方をしてました。

でも何でそんなことが言えたかというと、生徒集客も、教室経営も、何もかも全部

「自分でやったことがなかったから」なんですよね。

まぁこれはもう仕方ないです。

やったことないんだから、大変さも、その苦労も知らなくて当然です。

やってみたら、「何が大変なのか」がわかるよ

何事も、自分でやってみて初めて本当の自分の感想が分かるもんです。

思ったより相当大変だったとか、

思っていたより簡単だった、

とかも、経験したからこそ分かるんです。

だから初めてのことにチャレンジするとき、難しそうだからといってやらないとか、尻込みしてる時間ってとてももったいないです。

 

実際、独立してからの生徒集客はとても大変でした。

音楽教室に勤めていたときは、60人とかたくさんの生徒を担当させてもらってたんですけど

いざ自分で教室を立ち上げて生徒1人集めるにも、

 

 

ん?

っていうかどうすればいいの?

何からやったらいいの?

わたし、なんにも分からないぞ?

って状態でした。

そして、はっと気づいたこと。

60人生徒を持てたのも、通勤の電車定期券が持てたのも、全部ぜーんぶ、勤めていた音楽教室のおかげだったんです。

社長や、今まで勤めてきた先生たちの信頼と、実績に、私も仲間に入れてもらってたんです。

生徒がたくさんいることを、あたかも自分の力だと思っていたところもあったんでしょう。

だから独立したとき、そのギャップに驚き、苦しみ、そして反省しました。

でも、それでよかったと思います。本当のことが知れたのだから!

まずはやってみる、すべてはそれから!

それでもピアノ教室やるのって簡単そうに見えるんです。

1時間とか2時間かけて通勤している人から見たら、通勤時間0分なんて意味不明です。
神様です(笑)

仕事めんどくさいな~

って思っている人からしたら、音楽という、趣味とも取れるし、娯楽ともとれるものを仕事としてる人なんて、どれだけ羨ましく写ることか。

例えば、お医者さんの仕事ってお給料が高いことで有名ですよね。

お医者さんと結婚した友人を見て、たまのこし~~なんて言っちゃってたけど、ふたを開けてみたら、激務、激務、激務です。

正直、その高いお給料すら割に合っていないのでは?と思うほどのハードさです。

帰ってこないし、問答無常で呼び出しがあるし、寝れないなんて多々

看護師の友人は同じ職場で間近で見ていたからこそ、大変さが分かるって言ってました。それを懇親的に支える友人もすごいな、と思ったものです。

見えている部分ってすべてじゃない。隠れてることのほうが多かったりします。

 

ピアノの先生ってラクそうでいいよね~

って、もし言われたとしても、その相手を悪く思わないこと、です^^
そして気にしないこと。

レッスン以外の仕事が圧倒的に多いことも。
自分の自己研鑽の出費もすごく必要なことも。
毎年春のレッスン時間のスケジュール調整が鬼のように悩ましいことも。

分かってくれるのは同じピアノの先生です。
それだけで十分心強いじゃないですか。

 

それと、新しいことにチャレンジするとき、取り組む前の自分の気持ちに振り回されないこと。

やってみて、どう思ったか?です、結局。

そして、そのあと、どうするか?がもっと大事。

なんだかうまくまとまらないので、随時追記していきたい記事です(^^;)

 

 

 

 

コメント