ピアノ発表会の景品に選んだものをまとめてみた【その①】

マインドセット

ピアノ発表会。
大切なピアノ教室のメインイベントの1つですね。

生徒が弾く曲の選曲や、プログラム作成
舞台花の手配に、リハーサルの準備・・・・・
本番まで実に準備がものすごく多いのです。

 

しかも個人営業が多いピアノの先生ですから、事務作業もレッスンも数々の手配も、すべて先生1人でやってるところがほとんどだと思います。

 

結婚していたり子供がいたりする先生なら、ご家族の協力は必須。私は、発表会前の1番準備が忙しい時期は、主人のお弁当作り免除させてもらってました(笑)

 

そして、ピアノ発表会の準備の中でも、わたし的に毎年悩ましく思っていることがあります。それは、ピアノ発表会の景品選び。

予算の中で、生徒さんが喜ぶものをひたすら探す日々。みんな楽しみにしてるんですよね。期待にこたえてあげたいものです。

ピアノ発表会の参加費の相場

ピアノ発表会の参加費について。
いつか、藤拓弘先生のメルマガでもシェアされていた記憶があります。

ピアノ発表会参加費で1番多いのは『1万円』なのだそう。

私も1万円に設定しています。

親子連弾参加の場合、+2,000円にして
保護者の方にも花束と、ちょっとした粗品もプレゼントしてます。発表会の収益は主に、参加する生徒の人数使った経費が大きく関係してきます。

発表会の景品の予算はいくら?

私は、1,000円前後に設定してます。

最初は1,000円以下で探してましたけど、なかなか難しいので、予算はざっくりと。
リーズナブルで素敵なもの、生徒が喜びそうなもので探してますが、結構至難の業ですね(笑

いいなぁと思ったものがすごく高かったりするので、予算はざっくり決めて、予算オーバーする場合は経費全体と相談するのがオススメです。

 

そういえば、景品の予算をめちゃくちゃ高く設定してて赤字、って先生がいたことがあります。しかも参加費14,000円なのに。
多分、会場費も高かったみたいですが。うーん。

ピアノの先生も立派な経営者。

やはり、黒字化を前提にして、発表会開催を考えたほうが良いと思います。低コスト、ハイパフォーマンスは不可能ではないはず。

ピアノ発表会の景品をどこで買っているか

ほぼネットです

 

たまにリアル店舗ですが、数も多いのでまとめてネット注文です。音楽雑貨を扱っているネットショップ、いろいろありますよ。

その中にはラッピングを無料でしてくれるところと、有料のところがあります。

私の教室では参加人数は50名程度。ラッピング無料だとありがたいですよね。
ラッピングも1つにつき何十円とかですが、50人とか60人とか大人数になれば、ちりも積もれば・・・・・ですから。

ピアノ発表会景品のおすすめネットショップ

↑クリックするとショップに飛びます

カンタービレ
発表会景品で検索すれば常に上位に出てくるお店です。ただし大量注文する場合は事前に要問合せの商品が多いです。

 

音楽雑貨・発表会記念品・ギフト  美術工芸なかの
音楽雑貨の店 美術工芸なかの

音楽雑貨 美術工芸なかの
個人的に、ここはお気に入り。ご担当者の方を含めすごく気に入ってます。対応も速いし、細やかな気配りがあります。それはどんなものか?ぜひ利用して体験されてみてください。

実際に景品に選んだものをご紹介

実際に私がピアノ発表会の景品に選んだものをご紹介しますね。

女の子にも男の子にもOKなアイテムです。勉強机の上にひとつ。実用性ありますし、存在感があります。

メモ付ピアノペン立て - 世界の音楽ギフトショップ レオノーレ
世界の音楽グッズ専門店レオノーレ。クラシック、オペラ、バレエ、演劇等のオ リジナルグッズや歴史的な作曲家博物館の限定品、世界的指揮者や演奏家のグッズ 等、世界中から選りすぐった音楽グッズを取り揃えております。

入れる場所が横長なので、メモ帳なども入れられます。アップライト型で立体的なのがまた魅力的。私が購入したとき800円くらいだったんですけど、値上がりしたのかな?

40個ほしいですって担当の方に連絡したら、びっくりされました(笑)
教室のテーブルにも置いてるアイテムです。生徒も大喜び。

 

 

保護者の方に粗品で送りました。シャーペンとボールペンのセット。働かれているママが多いので、お仕事のシーンで使ってもらえるとうれしいな、と思って。
色違いで黒もありますよ。ト音記号のワンポイントがホワイトに映えます。

 

女の子向けの、とっても便利なステーショナリーセット
税込で1,004円。ペンケースもついてるから、お得です。ピアノのロゴがたくさん散りばめられていて素敵です。色は大人っぽいネイビーで統一。学校で使うもよし、塾に使うもよし、そしてピアノレッスンで使うのもよし!

 

薄いポーチ型のファイル。男の子向けに選びました。お値段も500円未満なので、これにプラスもう1つアイテムを添えて渡しました。学校で連絡帳とかに使えそうです。カラーも黒だから、ピアノの鍵盤がかっこよく映りますね。

 

未就学児の女の子にはレッスンバックにしたことがあります。3歳とかだとステーショナリーを使いこなせるのは、少し先になってしまいますから。

こんなのもかわいいです。
バックだといつでも使えます。お出かけや、幼稚園、もちろんレッスンにも使えます。

生徒の喜ぶ顔を思い浮かべながら景品選び

他にもいろいろありますが、一部ご紹介しました。

本番のあとの楽しみの一つが景品です。今年は何かな、ってみんなわくわくしてくれてるのは肌で感じるので、景品選びも重要なピアノの先生の仕事です。

私の教室も次の発表会で6回目です。

1回目から出てくれてる生徒も、もう中学生。感慨深いです。そして景品選びと同じくらい発表会の選曲も大変です。クラシックは名曲がたくさん。生徒さんには、音楽を自分で演奏できる喜びを、発表会で経験してほしいです。

 

コメント